国内旅行で行った京都の写真

京都へ国内旅行

京都へ国内旅行

彼と国内旅行へ行こうという話になりカップルに人気の国内旅行先をネットで色々調べました。場所も比較的近いということから京都へ1泊2日の国内旅行へ行くことになりました。数多くのお寺や神社の中でもデートスポットとしても有名な貴船神社を参拝しに行くことになりました。古くから水の神様が祀られている神社として知られていますが、近年ではパワースポットや縁結びの神社としても注目を集めている場所です。貴船神社の境内には3つの社があり「本宮」「奥宮」「結社」の順で参拝すると願いが叶うとのことだったのでまずは本宮から参拝しました。本宮への入口には鳥居がありますが男女で参拝すると陰陽のバランスが崩れるとのことで、別々に鳥居をくぐります。本宮の名物である水に浸すと文字が浮かび上がる水占いみくじはドキドキしながら楽しめます。次に京都屈指のパワースポットとして有名な奥宮に向い、樹齢1000年を超える「相生杉」を見ましたがダイナミックで印象的でした。本宮と奥宮を参ったあとは縁結びのパワースポットである結社で結文を購入し願い事を書いて結んできました。参拝時間は1時間程でしたが見所満載で親身ともにリフレッシュすることができてとっても良かったです。水占いみくじや結文などもありカップルで国内旅行をするにはぴったりの場所です。

夏休み!沖縄へ国内旅行!

夏休みを利用して、友人と国内旅行に行くことに!目指した先は沖縄です。
楽しむメインは大きく3つ!外せない沖縄グルメと、手作り好きなので琉球村でのガラス細工作り。そしてアメリカンビレッジでの買い物とサンセットビーチです。
レンタカーを借りて巡りましたが、とにかく沖縄はそのすべてが見どころという感じで、ずっとキョロキョロしていました。国内旅行なのに、なんだかまるで海外に来たみたい。
お土産屋さんでパイナップルを試食して、街の食堂でゴーヤチャンプルやソーキそばもいただき、さらにシークワサージュースも最高!
糸満市に琉球ガラス村という所があり、そこでは自分たちでガラスのコップなどを作ることができます。初めての体験でしたが、とても良い物が作れました。お土産にもなるし、ものづくり体験って良いですね!
美浜という所にアメリカンな雰囲気が漂うショッピングモールがあり、私も友人もおおはしゃぎ!服や帽子を買いました。そしてそのすぐそばにあるサンセットビーチで少し泳ぎ、夕日を待ちました。ここは夕日の絶景スポットで、あの素晴らしい景色は一生忘れることはありません。
国内旅行に行くとなったときどこに行こうか悩みましたが、沖縄に来て本当に良かったです。みんな大満足の沖縄国内旅行でした。

冬休みの国内旅行の思い出

冬休みの国内旅行に大阪を選んだのは、美味しいものを沢山食べたいと友人と話してたことがきっかけでした。国内旅行であれば交通費が安く抑えられるため、食事や観光にお金を使いたいと思ったからです。東京から大阪までのアクセスは新幹線を使いました。新幹線の良いところは、国内旅行の醍醐味である駅弁を楽しむことができるところでしょう。
大阪に到着後は、観光に向かう前にホテルに荷物を預けました。荷物を預けることや観光のしやすさを考えて、ホテルは駅前を選びました。駅から歩いてすぐの距離だと、観光で遅くなった時でも安心です。
荷物を預けて身軽になった私たちは、道頓堀へ向かいました。道頓堀付近には、お好み焼きなど大阪名物をたくさん食べることがたくさんあります。人気店で食べようと思ったため並びましたが、地元では食べることができない味のお好み焼きに出会えました。特にお好み焼きと一緒にいただいたアメちゃんという大阪独自の飲み物は、独特の味で一度は飲むべき大阪の味だと思います。
道頓堀では有名な「戎橋」で写真も撮りました。東京都は違った華やかさのあるネオンには圧倒されます。お好み焼きの後はたこ焼きと串焼きを食べ歩きました。東京とは衣の細かさが違う串揚げは絶品です。食べ歩きの旅行でしたが、食べ物の美味しさに大阪が大好きになった国内旅行でした。

サークル仲間と国内旅行

サークル仲間で国内旅行に行こう!と話し合い、冬の京都へ。

京都駅から電車に乗り、真冬なのになぜか保津川下りを体験。
紅葉がきれいで、穏やかな川の流れに乗ってマイナスイオンをたっぷり吸いこみました。
とはいえ、寒さで耳が赤くなってきて…そんなときにちょうどよく現れたのが屋台船。
おでんや温かい飲み物を売っていて、ほっと一息。
身体が温まったころに下船となり、嵯峨野の美しい風景を楽しみました。

そこからは、レンタサイクルで嵯峨野のお寺巡り。
竹林の中を歩いたり、小倉山で百人一首を思い出してクイズを出し合ったり。
国内旅行の魅力満喫です。
ゆっくり時間が流れる中、他愛ないおしゃべりが止まりません。

日も暮れたころ、ふと見つけた湯豆腐のお店に入り、京都らしいごはんを楽しみ、市内へ向かって宿へ。
安宿でしたが、だからこその畳のお部屋で、修学旅行のように夜中までおしゃべりをして、翌日は寝坊をしてしまいました。笑
国内旅行ならではの安心感もあり、スケジュールを変更して昼からの行動に。
二手に分かれて、私は奈良の方へ。
この日もレンタサイクルで、明日香村を走り回りました。
嵯峨野と同じく自然豊かですが、もっと野性味のある景色の中、車さえなければ爆走。笑
海外からの観光客も多く、国内旅行でこんな魅力的なところに気軽に行けていいねえと日本を褒められました。
いつか海外に行って、そんなことを言えるようになりたいねと語らう私たちでした。

温泉大好きな友人と国内旅行へ!

日本人の疲れを癒すものと言えば、断然温泉!ということで、今回は温泉がメインの国内旅行を堪能しました。
温泉がメインの国内旅行と言っても、日本は温泉大国なのでどこに行こうか非常に迷いました。最終的に決まったのが日本三名泉の一つに数えられる草津温泉です。草津温泉はとても高い知名度を誇り、国内旅行先としても人気があります。
公共交通機関を利用して行きましたが、群馬県の山の中の温泉地であるにも関わらずそれほど大変だとは感じませんでした。特急電車とバスで、意外とすんなり行けるという印象です。
バスを降りてまず感じるのは、硫黄の香りです。この硫黄臭は草津温泉の象徴でもある湯畑に向かえば向かうほど強くなります。湯畑とは温泉が湧出している場所で、湧出した温泉がまるで滝のように流れているので圧倒されます。湯畑の周囲はお土産店や飲食店が並んでいて、散策も楽しいですね。
宿にチェックインしていざ草津温泉を堪能しましたが、草津の湯は酸性泉という比較的珍しい泉質でピリピリと肌に刺激があります。舐めるとレモンのように酸っぱくて、ph値はレモンとほぼ一緒とのことです。刺激的な名湯を、温泉情緒たっぷりの硫黄臭と共に堪能できて大満足の国内旅行でした。
参考サイト